ママワークスの電話営業のしごとは稼ぐことができるのか。手数料や口コミを調査してみました

株式会社アイドマ・ホールディングスが運営する主婦のためのお仕事情報サイト「ママワークス」を知っていますか?
在宅ワークの求人が豊富に掲載されている求人サイトですが、実は在宅でできる電話の仕事も多くあります。

どのような内容なのか、詳しく調べてみました。

ママワークスで電話をかける仕事の業務内容とは

電話をかける仕事といっても、電話だけで商品やサービスを販売するような仕事はほとんどありません。
ママワークスに掲載されているのは、ほとんどが資料送付や営業担当の訪問の約束を取り付けるような仕事です。

電話の仕事をしたことがない方は不安に感じるかもしれませんが、電話で話す内容についてはトークスクリプトと呼ばれるマニュアルが用意されているため、経験のない方でも安心して始めることができます。

マニュアルに沿って商品やサービスのご案内をし、興味を持っていただけた方に資料送付や訪問の約束をするという流れになります。
想定される質問についてのQ&Aを用意している会社も多く、また、自宅で電話をかけていても、チャットなどで会社の方に質問できる体制が整っていることがほとんどですので、安心して仕事ができます。

電話をかける相手は個人のお宅ではなく企業担当者が多いので、多くの会社が営業している日中の仕事がメインとなります。
また、給与については時給制または1件いくらの単価制のどちらかになります。資料請求やアポイントには別途インセンティブが設定されていることも多く、頑張りが収入に反映されやすい仕事ということができます。

在宅での求人がメインとなりますが、出社での勤務を行える会社もあります。複数の勤務形態が選べる会社では、慣れるまで出社し、慣れたら自宅で働くこともできますので、ご自身の都合に合わせて選んでみてください。

ママワークスは手数料を取られるの?

ママワークスは他の求人サイトと同様、求人広告を掲載する企業から広告料をもらっています。そのため、会員登録して求人に応募する方からは一切お金を取っていません。
何社でも無料で応募できるだけでなく、面接まで進んで所定の方法で申請をすると、5人に1人の割合でAmazonギフト券を500円分プレゼントするという企画も行われているので、ぜひ応募してみてください。

ママワークスの口コミを見てみましょう

ママワークスで電話をかける仕事をしている方の口コミを見てみましょう。

小学生の子供2人を育てながら自宅でテレフォンアポインターの仕事をしているAさんは、子供が学校に行っている間の10時から16時までの間、勤務をしています。
元々パソコンが得意ではなかったそうですが、勤務開始時のトレーニングで営業トークだけでなく、パソコンやソフトの使い方まで丁寧に教えてもらったそうです。

仕事を始めるまでは、在宅ワークというと専用機器や専用ソフト等の用意が必要で、機械の知識がないとできないというイメージがありましたが、パソコンとヘッドセット・インターネット回線だけで始められたので、初期投資が少なく助かりました。

電話営業なので子供の声には気を遣っており、仕事が終わる16時までは静かにしてもらっていますが、出勤していたころと違って「お母さんがいてくれる」と子供たちも喜んでくれています。

同じく小学生の子供を育てながら働いているBさんは、出社での勤務を行っています。
1週間前までにシフトの希望を出せば調整してもらえるので、子供の学校行事や受験に向けての説明会などを優先し、無理せずに働けています。

パソコンが苦手だったので不安はありましたが、使っているシステムがネットショップでお買い物するくらいの知識で使えるので安心しました。営業のことも何も分からないまま始めたのですが、教えてもらった通りに進めることで電話営業が簡単にできました。電話中でも手を上げたらすぐにそばに寄ってきてくれてサポートしてくれるので、安心して働くことができます。

また、アルバイトから契約社員への登用制度もあるので、子供の成長に合わせてキャリアアップも考えられるのがいいなと思っています。

まとめ

電話をかける仕事というと、コールセンターのようなところで働くイメージがあるかと思いますが、今はインターネット回線を活用して、パソコンを使って電話をする会社が多く、自宅でもできる仕事です。

初期費用も少なくて済み、ノルマがない会社が多いため、未経験者でも気軽に始めることができます。
実際に応募する方も営業やコールセンターの経験がない方が多く、それでも初日からアポイントが取れる方もいらっしゃるため、お話をすることが嫌いでなければ、ぜひ検討してみたい仕事のひとつです。

ママワークスは登録自体も簡単にできますが、求人情報を検索するだけであれば、登録しなくても見ることができます。少しでもご興味を持たれましたら、どんな仕事があり、どれくらいの報酬なのか、検索してみてはいかがでしょうか。